のんびりファクトリー

子育ての情報をのんびりと発信

家事楽

毎日の掃除にはスティックタイプがオススメ【子育て世帯に是非】

投稿日:2020年10月13日 更新日:

掃除機を買い替えたいけど、どんな掃除機がいいのか迷っている。ハンディータイプやキャスター付きのタイプなどいろいろあるけど、何がよいのか分からない。毎日掃除するんだから、楽に掃除できるものがいい。子育て中なので、掃除は早くストレスなくしたい。

掃除機はいろいろタイプがあって、自分に何が最適か判断するのが難しいですよね。そこで本記事では、そんな疑問点に答えます。

本日の記事内容

  • 掃除機の種類と特徴
  • 毎日の掃除にはスティックタイプがオススメ

私たち夫婦も掃除機の購入にはすごく悩みました。当時キャニスター掃除機を使っていたのですが、その取り回しの悪さから買い替えを検討。悩んだ末にスティック掃除機を購入しました。その結果、掃除が非常に楽になりました。

掃除機の種類と特徴

掃除機の種類と選ぶ際のポイント

掃除機を大別すると3種類に分けられます。それぞれ特徴があるので、特徴を理解して自分に合った商品を選びましょう。

キャニスター掃除機

いわゆるキャスターがついていて、コンセントから給電されて動作するタイプ。

  • 〇ハイパワーで大容量
  • ×コードがあり取り回しが悪い

ハイパワーなので広い家や汚れやすい家にオススメです。

スティック掃除機

コードレスで縦置きできるタイプ。

  • 〇コードレスで取り回しが良い
  • ×バッテリー駆動のため時間制限がある

キャスター付きの本体がないため機動性が非常に高いので、頻繁に掃除したい場合にオススメです。

ロボット掃除機

部屋を自動で掃除してくれる自動掃除ロボット。

  • 〇自動のため自分では掃除しなくて良い
  • ×家具の間など狭い場所は掃除できない

狭い隙間などは掃除できないので、広くて物が少ない家にオススメです。

毎日の掃除にはスティックタイプがオススメ

私たち夫婦は以前はキャニスター掃除機を利用していました。しかし、取り回しの悪さから買い替えを決意。ロボット掃除機を使うほどのスペースがないため、スティック掃除機を購入しました。実際に使ってみて、2LDKに住む私たち夫婦にはスティック掃除機が最適だと思います。

部屋の中の移動が楽チン

スティック掃除機は本体とコードがなく、取り回しがとにかく楽

キャニスター掃除機はキャスターのついた本体を後ろに連れて歩く格好になります。そのためテーブルの脚に引っかかったりして、とにかくうっとうしい。本体を気にしながら掃除しなければならないのがストレスです。

対してスティック掃除機は、掃除機が一本の棒になっているので、この問題は存在しません。本体がないだけでストレスが大きく減ります

バッテリー式なのでコンセントのストレスがない

キャニスター掃除機はコンセントから給電されて動いています。このコンセントがストレスの種です。私はコンセントに次の3大ストレスを抱えていました。

  • もう少し先まで掃除がしたいのに、コンセントの長さが限界で届かない
  • コンセントが引っかからないように気を使いながら移動しなきゃいけない
  • 部屋を移動するたびにコンセントを差し替えなきゃいけない

スティック掃除機にすればそのストレスとはおさらばです。なんせコードがないんですから。

ただしキャニスター掃除機にもコードレスはある

ただし、近年のキャニスター掃除機はコードレスタイプもでているので、キャニスターのハイパワーが欲しい場合はコードレスタイプをおすすめします。

取出し、片付けが楽チン

キャニスター掃除機は本体から長いホースが出ています。このホースと本体をきれいに収めるのに毎回苦労してました。また、コードも本体にすんなり入ってくれません。引っかかったりしてなかなか入らないときがありストレスです。

スティック掃除機は縦置きできるので、スペースを取りません。そのため、部屋や廊下に置くことが可能で、取出しが楽になっています。コードもないためコードに対するストレスもありません。

スティック掃除機のデメリット

ただし、スティック掃除機にもデメリットはあります。

バッテリーの稼働時間に制限がある

私の使っている掃除機は連続稼働時間が20分です。最初は時間制限に慣れず掃除の途中でバッテリー切れになってしまいました。でも慣れてくるとその制限時間内に効率的に掃除ができるようになるので、そんなに問題にならないかと思います。現在掃除にかかっている時間を計っておいて、その時間よりも長い商品を選びましょう。

バッテリーが消耗・故障したら交換が必要

バッテリーは消耗品なので、経年劣化します。いずれ交換が必要になるのが少し面倒です。
また、バッテリーは故障する恐れもあります。実際に私たちの掃除機も購入後9カ月ほどでバッテリーが突如故障しました。保証期間内だったので、無料で交換はしてもらえましたが、今後も頻繁に壊れるようだと考えものですね。

キャニスター掃除機より吸引力が弱め

バッテリー式のため、キャニスター掃除機と比べると吸引力が弱くなっています。

ただ、私たちはスティック掃除機を使っていて、吸引力に関して全く問題を感じていません

スティック一本に全機構があるので重め

重めであることがデメリットとしてよく語られます。しかし、この点も私たちはあまり気になっていません。身長153cm握力12kgの妻でも難なく操作できています

以上、スティック掃除機をおすすめしました。自分がストレスに思うことを整理して、自分に合った掃除機を選ぶことが重要です。掃除機とともに快適な日々をお過ごしください。

-家事楽

執筆者:

関連記事

子供乗せ電動自転車が必要な人とは?メリット・デメリットは?

子供が生まれて電動自転車を買うか迷っている方へ。 電動自転車が普及してきて街中でよく見るようになってきました。 そんな中、あったら便利だと思うものの電動自動車は高価なので、買うべきかどうか迷うところで …

乾燥機付き洗濯機の必要性【2年使った結果、こんな人には必要だ】

乾燥機付き洗濯機は干す手間がいらなくて便利、って本当?メンテナンスが大変と聞くけど、どうなの?値段が高いけど、それに見合った性能なの? という方へ。 結論、乾燥機付き洗濯機は非常におススメです。値段以 …

電子レンジをデザインで選ぶならバルミューダ【口コミに回答】

電子レンジを何ににしようか悩んでいる。バルミューダはデザインがオシャレだと思うけど、性能や使い勝手はどうなのか知りたい。 本日はそんな風に考えている方へ向けた記事です。 私たち夫婦もバルミューダのTh …